LED光療法とは

なんといっても、太陽がなければ、地球上の生き物は、生きていけませんよね。
 
人類も、太古の昔から、ずっとずっと太陽の恩恵を受けて進化し、生かされてきました。
 
朝日や夕日は、見るだけで、人の心と体を癒やします。
 
しかし、日中の紫外線は、カラダに毒だと、
近年では、日光浴する機会も減り、
会社にいると、まったく一日、日を浴びない人も多いのが実情ですね。
 
みんな、太陽は好きなのに、残念なことです。
 

現代人は、慢性的な太陽不足、光不足になっています。
 
その弊害は身体や心のあらゆるところに現れてきています。
 
 

そして、
LED光療法とはなんでしょう?
 
太陽の恵みをふんだんに受け取ることが出来ます。
 

心配な有害な紫外線は一切ありません。
 
可視光線、660ナノメートル波長帯(深紅光)のLED光源です。
国内での臨床も医療機関や動物病院、整体、美容の部門で6、7年重ねられています。
沢山の人を元気にしています。
 

そして、昨年ノーベル賞を受賞した大隅良典教授が発見した、オートファジーと呼ばれる『自食作用』を最も効果的に促す特定波長帯であることが、アメリカの論文で明らかにされました。
 
 

薬物療法とは違い、光は自然のものです。

まったく、副作用がありません。
 
薬を飲めない妊婦さんでも治療が出来るのです。


実際、横浜の某有名な産婦人科で、LED光療法がおこなわれており、
ツワリや腰痛がなくなる!と喜ばれているようです。
 
 

その同じ光を、ラクダ整体院で取り入れることとなりました。


 
らくだぁ氣功整体と併用することで、全ての周波数を同調させ、効果がさらにアップします!
 
 
 

人工的でない、自然の恵みと同じLED光を、是非、身体に取り入れて、
 
日々の健康と美容にお役立てください!!